MENU

注目のダイエット成分「難消化性デキストリン」

ちょっと難しい響きを持つ「難消化性デキストリン」。
これ、トクホの「メッツコーラ」が発売されたとき話題になりましたよね。

 

この難消化性デキストリンがどのようなものなのか、どんな効果があって、副作用はどうなのか?
そういったことを調べてみました。

難消化性デキストリン効果

難しい名前ですが、その正体は食物繊維の一種のようですね。それも水溶性食物繊維。

難消化性デキストリン

その原料はトウモロコシのデンプンで、食物繊維の不足を補う事を目的として作られたようです。

 

この難消化性デキストリンには、次のような効果があるのです。

食後血糖値の上昇を緩和

一般的に食事で炭水化物を摂ると血糖値が上昇し、それを抑えるためにインスリンが分泌されます。
このとき、インスリンは血液中の糖を優先して分解するので、体脂肪は分解されずに残り蓄積されていくことになる=肥満となるようです。

 

でも、食事中に難消化性デキストリンを摂取すると、血糖値の上昇が抑えられるので、結果インスリンの分泌も抑えられ、脂肪が蓄積されることがなくなるとのことです。
糖尿病を患っている方やメタボが気になる方が多くこの難消化性デキストリンを摂取されるのは、こういう理由だったんですね。

 

 

食後中性脂肪の上昇を緩和

難消化性デキストリンを食事中に摂取することで、食べた食事の脂肪吸収スピードを抑え食後の中性脂肪の上昇を緩和させることができるそうです。
脂肪分の多い食事を好まれる方には必須ですね。

 

 

整腸作用

難消化性デキストリンは「食物繊維」なので、便秘改善効果や下痢改善効果といった整腸作用があるということです。
胃や腸で水分を蓄え便を柔らかくしたり、腸のぜん動運動を促したりするため、排出しやすくなるんですね。

難消化性デキストリン

 

実際に、難消化性デキストリンを毎日摂取することで排便の回数や量ともに増加したという実験結果があります。
また、腸内でビフィズス菌などの善玉菌を増加させ、腸内環境を整えることで下痢の改善にもなってくれます。

 

しかし、まれに「かえって便秘になった」という感想を持たれる方もいらっしゃるようです。「食物繊維なのに?」と。
これは適量とされるものが個人によって異なるためだとか。

 

そのような方は、ちょっと量を減らして摂取されると改善されるようですね。

 

 

内臓脂肪・中性脂肪・コレステロールの低減

難消化性デキストリン

実験結果においても、難消化性デキストリンを摂取し続けることで内臓脂肪・中性脂肪・総コレステロールが減少するという効果が確認されています。
40代以降の男性の約半数がメタボリックシンドロームといわれていますが、この対策にも有効といえそうですね。

 

 

ミネラルの吸収促進

難消化性デキストリンは、カルシウム・マグネシウム・鉄・亜鉛などのミネラルの吸収を促進してくれます。

 

難消化性デキストリンを多く摂取するほど、その吸収率が上がることが実験で確認されているようですね。

 

難消化性デキストリン 副作用

これほどよい効果のあるものなら、逆の副作用はどうなの?と心配になりますよね。
なぜならば、上記の効果でも上がっていた整腸作用、血糖値上昇の緩和、コレステロールの低下などは、従来、薬品を頼ると何かしらの副作用がつきものでしたから。

 

でも、その心配はないようです(^^♪
調べてみましたが、副作用の報告はこれまで上がっていません

難消化性デキストリン 摂取方法

難消化性デキストリン

ぜひ毎日の食事に取り入れたい難消化性デキストリンですが、その摂取方法はいたって簡単です。
無味無臭の粉末なので、お茶やコーヒー、ジュース、みそ汁など様々な飲み物や食べ物に混ぜることができます
わずかな甘みやとろみもほとんど感じられないので、飲み物や食べ物の味が変わらず摂取しやすいですよ!

 

因みに私は炊飯時に混ぜて炊くようにして摂取しています。そうすれば家族全員が摂ることができるので(*^^)v

 

 

トクホから出ている「賢者の食卓」が6gずつのスティックになっていて使いやすいですよ(^^♪